バイク乗りにオススメしたい 12Vバッテリー充電器【バッテリーテンダー】バッテリーの性能維持・バイクの冬眠にも必需品



毎日通勤等に使うクルマなどではあまり気にならないバッテリーの充電状態
しかし たまにしか乗らないバイクや 特に北海道などの雪国では 半年間冬眠してしまうバイクも・・

今回は僕も使っている オススメの充電器を紹介したいと思います







皆さまは愛車のバッテリーのメンテナンスはしてますか?
いざ乗り出そうと思ったらバッテリーが弱ってたなんてことは良くあることですよね

また バッテリーはあまり弱らせてしまうと劇的に寿命が縮まってしまうので 定期的な充電はバッテリーの寿命を伸ばすのにもたいへん有効です





充電とは



バッテリーの充電とはバッテリーに 13V〜14Vくらいの電圧をかけつつ 微弱な電流を流すことにより充電されます

急速充電など 流す電流が大きいと早く充電されますが バッテリーを痛めます
逆に小さい電流で充電すると満充電まで時間はかかりますが バッテリーに優しく充電できます

バイクに積んであるバッテリーは車に比べて小さい物が多いので流す電流も低めのものが良いのです

そこで僕がずっと使い続けている充電器はこれ

スナップオン バッテリーテンダー DC12V 1.25A





新品で購入してかれこれ8年くらい使ってますが トラブルも全く無く
現在も使用し続けています


この充電器は [フロート充電] という 満充電になると電流を止めて
自己放電により電圧が下がるとまた充電を開始して常に満充電を維持する
という充電方式で過充電の心配がありません



なので基本はコンセントに繋ぎっぱなしでOKです!微弱電流なので電気代も気になりません


そして現在はモデルチェンジしてもっとコンパクトになっています







元々【Deltran デルトラン】というメーカーの商品ですが
あのSnap-on社 や Harley-Davidson社が OEMで純正採用していて
中身は同じものです

これらのメーカーに純正採用されていることからも
この商品の信頼性が伺えます


さらにこの充電器は 充電ケーブルの途中がコネクターになっていて
抜き差し可能なので 車両のバッテリー端子に 商品同梱のヒューズ付きケーブルを装着しておけば 充電時にいちいちシート等を外さずに
本体側ケーブルと繋ぐだけで充電開始可能となります


このヒューズ付きケーブルは単体で別購入できるので
バイクやクルマなど車両毎のバッテリーに取り付けておけば
お手軽に充電できます






最後に



やはりバイクもクルマも毎日のように乗ってあげれば常に調子を維持できると思うのですが 趣味の世界のバイクにおいては週一くらいしか乗らないという方も多いのではないでしょうか

特に北国においてのバイクは雪と寒さで半年ほどガレージの中ということが多いですので
( 真冬でも乗っちゃう [ 剛の者 ] も中には居ますが )

この商品はとても便利 というか【必需品】ではないでしょうか!



それではまた!









広告