サルカンにラインを結ぶ方法 強くて簡単【パロマーノット】

こんにちは
大好きな釣りを楽しむにあたって、覚えていかなければならない事の一つに
[ラインの結び方] があります

最初の頃はラインの結び方なんて 適当でもなんとかなるものですが
自分で仕掛けを作ったり ラインとラインを繋ぎ合わせるような時が来たら
やはり正しいラインの結び方じゃないと 結び目の強度が足りなかったり
すっぽ抜けたりしちゃう等の トラブルの元になります

今回紹介するのは世の中に無数ある、ラインの結び方の中でも
簡単かつ最強のノット(結び方)

パロマーノット

を解説していきます



サルカンに結ぶ例


まずラインを用意します
(ここでは余ったナイロンラインを使ってます)

適当な長さにカットします




折り返してダブルにします




ダブルにした輪っかの先をサルカンに通します




そのまま折り返します




ダブルラインのまま軽く一回結びます




結んだ先端の輪っかにサルカンを一回くぐらせます




こんな感じになります
そして




先に本線の方を軽く引いて、最後に余った先っぽの方を引っ張ります
結び目が並行に2本並ぶのが正解
クロスしてたら強度が落ちるので失敗です




最後に余ったラインをカットして

完成!




見辛い画像でわかりにくくて申し訳ありませんでしたが
比較的簡単だと思いませんか?

結ぶ時のコツは、最後の方の 輪っかにくぐらせる時に 対象物の大きさに合わせて
例えばルアーならそのルアーがくぐれる大きさの輪っかにしておく事です

今回の結び方を動画で解説!


【パロマーノット】を動画で見てみましょう!


今回のパロマーノットは基本的なノットのひとつなので、是非覚えていきましょう!

ではまた (^_^)




広告