DAISO ダイソーロッドなどの安いパックロッドが圧倒的に釣れるんじゃないかという話



皆さま 釣りは好きですか?
釣りにハマればハマるほど 高価な道具を揃えてしまうものですよね


今回は僕の経験上 安いロッドの方が釣れるのでは?
といったお話です





まず、釣りをすることにおいて
[手釣り] 以外で絶対必要な道具の一つが
釣竿 [ロッド] ですが、釣りをするフィールドや狙う魚種などで
様々な種類のものがあります。


ロッドの材質や長さ・オモリの負荷 (パワー)
カラーリングやガイドの材質などなど・・
当然それは [価格] にも表れています。


釣具屋さんに行けば、いろいろなロッドが並んでいてワクワクしますが
漁港などでのチョイ投げで手軽に使える
¥2,000くらいのリール付きパックロッド (コンパクトロッド ) や

サーフからの超遠投に対応する ¥100,000 を超えるロッドもあったり

また、船に乗って沖で使う船釣り用のロッドなど
上を見たらキリがないほどたくさんの種類と価格のロッドがこの世にはあります。



しかし当然 それらを己の欲望のままに欲していたら
いくらお金があっても足りないので
自分の釣りに対しての熱中度とお財布の中身と相談して
道具を揃えていく、ということになります。



そんな僕も かつて独身時代
同じく釣りを趣味とする友人と競い合うように
高価なロッドやリール ミノーやメタルジグなどのルアー類
各種PEラインなど
次々と購入していた時期がありました。



今となってはそれらの経験はとても良い思い出となっていますが
当時、金もないのによくやってたと思います。(今もないですが 涙)


その頃、僕はいわゆる [シマノ派] で
商品名は具体的に書きませんが
ミドルクラスの投げ竿を2本
サーフでのヒラメ釣り用のルアーロッド
秋のサケ釣り用ルアーロッド
漁港等でのロック用のロッド
イカ釣り用のロッド  その他諸々

そしてそれぞれにリールも・・・   ああ恐ろしい


ではそんな道具達を使った釣果は?というと・・・??


ぶっちゃけあまり良い釣果はありませんでした。



というのも
僕の腕が悪いのはもちろんのことですが

それ以上に


根っからの貧乏性がたたって
道具を大事にし過ぎて釣りに集中できないっっ・・
(爆)


やはりそんな気持ちが自然と海の中のお魚達にも伝わるらしく
釣果は散々なものでした

結果、宝の持ち腐れ状態になり
結局ヤフオクにて同志の手に渡って行くのでした・・・

(釣り道具はやはり嗜好性が高いのですね
ヤフオクではかなりの高額で売ることができました。)


ここでひとつ誤解のない様に説明させていただくと
シマノ製のアイテム達は当然ながらどれも素晴らしい性能でした
キャストする際のロッドのしなり具合
クッキリと手元に伝わるクリアな感度
自分が上手くなったと勘違いしちゃう程の正確な飛び
滑らかで、かつカッチリとした巻き心地のリール・・・


今思い出しても本当に良かったなぁ〜と思います。
要は使う人間に問題があった訳です。(爆)




では 現在の装備は?


ここまで長々と説明してきましたが
じゃあ結局 今はどんな道具を使っているのか?
と言うと


160cmくらいの ¥980で買ったロッドに
¥700くらいのリールを付けて使っています

仕事が忙しくなった現在は
主に穴釣りや漁港内のちょい投げ
夜のロックフィッシュ狙いがメインの釣りなので
このセットがメインタックルです!

そしてこれがまた良く釣れるのです
もちろんダイソーの ¥1,000ロッドもオススメ!


高いから = 大事にする
安いから = ぶっ壊れても良い


なんてことは微塵も思ってもいません

しかしやっぱり心理的負担ははるかに小さく
ダイナミックに扱えるのです


個人的にこういったセットが最高にシックリきます



ただ、こういった穴釣りなどに適した短いロッドだけでは
他のいろいろな釣りに対応できないので
その他のアイテムとしては

イカ釣り用に
2.7mくらいの振出ノーブランドロッドに2500番のノーブランドリール

鮭釣りとサーフヒラメとニシン釣り兼用で
シマノ AR-C TYPE XX S1104M (ロッド) に
シマノ SAHARA 4000XG (リール)

それと投げ竿は
シマノ PRO SURF 425BX-T を使っています

これらのアイテム達で僕は釣りをしています





ということで今回は何の役にも立たない
僕のロッドに対する持論を語らせていただきました。

もしよろしければご参考に〜!







広告

魚釣りの最新記事8件