押しがけのやり方 車・バイク

こんにちは!ゴッドくんです

今回は 車やバイクのバッテリーが上がってしまった場合や
セルモーターが動かなくなってしまった場合などの原因で
エンジンがかからなくなってしまった時に役に立つ
【押しがけ】の方法を解説します

現代において、バイクに関してはセルモーターでのエンジン始動以外に
「キックスタート」できる車両もありますが
車の場合は、ほぼ100パーセントセルモーターによる始動になります

なのでセルモーターが壊れてしまうとエンジンがかけられないということになります
そんな時にエンジンをかけることができる方法が
【押しがけ】です


押しがけとは

押しがけとは、文字通り車両本体ごと人力で押して
その力でエンジンをかけるというものです

人力で押す他に下り坂など坂道を利用する方法や
他の車に牽引してもらう方法などあります


なぜ押しがけでエンジンがかかるのか?

エンジンを始動するためには、まず最初になんらかの力で
エンジンの軸 (クランクシャフト) を回す必要があります
その回った勢いでシリンダー内に吸い込まれた混合気を圧縮・爆発させてエンジンが回り続けます

そのエンジンを回すために最初に与える力を、多くの場合セルモーターと呼ばれる強力なモーターを使って与えます
このセルモーターは 和製英語の「セルフスターターモーター」の略とも
「sell (電池) でスタートさせるモーター」の意味とも言われており
他に「セル」「スターターモーター」「スターター」などと呼ばれますが
いずれも同じ意味合いです

つまり押しがけとは、通常セルモーターやキックスターターでエンジンを始動することを、車やバイクそのものを押すことで
路面に接地しているタイヤ→ドライブシャフト→トランスミッション→エンジンと力が伝わり、その力でエンジンをかけるということですね


実際に押しがけをしてみよう

まずは前提として、構造上 マニュアル車じゃないと押しがけはできません
オートマ車ではできないのであきらめましょう

それと最近の電子制御されたエンジンの車では
バッテリーが弱っている状態だとプラグに火が飛ばなかったり
コンピューターが正常に機能しなかったりで、押しがけではかからない車もあります
該当の車でトラブルに見舞われてしまった時は
迷わず【JAF】などのロードサービスを利用しましょう




基本的に押しがけができるのは マニュアルミッションのガソリン車とディーゼル車とバイクです

車でもバイクでもやり方は一緒で、まず安全で平坦な道に停まっている前提で
車に乗り込んだ人がイグニッションONにして クラッチを踏み込み、ギヤを2速か3速に入れます
クラッチは切ったまま、後ろから車(バイク)を押します

徐々にスピードが上がって、人が小走りで進むくらいの速度になったら
クラッチを離します
うまくいけばこれでエンジンがかかりますが、かかりそうでかからない場合は
もっと押すスピードを上げましょう
(一発でかけないとメチャクチャ疲れます)

エンジンがかかったらクラッチを切り、アクセルで回転を上げ気味にして
安定したらしばらくかけっぱなしにしておきます
ルームランプの点けっぱなし等が原因でバッテリーが弱っていただけの場合であれば
オルタネーターが正常ならこの状態で10分〜20分ほっとけば十分に充電されますよ


どうぞご参考に!!


広告