サーフからの【投げ釣り】に必要な道具

こんにちは!ゴッドくんです

今回は釣りにおいての【花形】と僕が勝手に思っている【投げ釣り】の紹介です!






剛の釣り【投げ釣り】


釣りのジャンルは様々ですが、今回紹介する【投げ釣り】は
他の釣りとはちょっと違います

釣り方としては、主に漁港内などで釣る【ぶっこみ釣り】と非常に似ていますが
こちらはサーフ(砂浜)から仕掛けをポイントまで遠投して
カレイやキスなどのお魚を釣り上げるという釣りになります

では遠投とはどれくらいの距離かというと、近いポイントで50m〜100m
遠いポイントでは150m〜200mという距離が必要な場合もあります

そのため、どうしても体力やキャスティングなどの技術が必要となる他に
少しでも遠くに飛ばすための専用の道具があるわけです

そしてこの投げ釣りは、スポーツ的要素が強いため
毎年 釣具メーカーなどが主催するキス釣りトーナメントや、遠投大会が行われています


ゴッドくん
なんだか ちょっとゴルフの世界にも似てるような…?
やったことないけど


キャスティング技術が命


野球のピッチャーが 正しいフォームで長年トレーニングし続けることによって
スピードと正確なコントロール力を持つ素晴らしい選手になっていくように
キャスティングの技術も正しいフォームと身体の使い方のトレーニングが必要です

僕なんかはロクにトレーニングもしてない普通の釣り人ですが
僕が尊敬する SHIMANOインストラクターであり プロキャスターの【日置 淳】さんの資料や動画を
たくさん見て勉強していた当時は 5〜6色投げられたこともあります 今はまぁ.. あれですが😅

ところで この5色とか6色とかいうのは一体なんでしょう?


1色とは25m


投げ釣り用のラインは、25mごとに色が変わっています
これにより仕掛けが何メートル先にあるかわかるんですね

大抵の場合、全部で8色(25m×8色)で200mということになります
なので投げ釣りの場合は、専門用語的に「今のは5色飛んだ」とかいう言い方をするわけです
投げ釣りのラインは抵抗を極力少なくするため 1号前後の細いPEラインを使います



PEラインの先には力糸をつける


PEラインは伸縮性がないので、そのまま仕掛けに直結をすると
お魚のアタリがダイレクトに伝わる反面、お魚が違和感を感じてエサを喰いづらくなったりします

そこでPEラインの先端に【力糸】というナイロンラインを結束します
この力糸は特殊な作りをしていて、先端は太く 手元に近づくほど細く
テーパー状になっています 力糸の長さは15mくらいです

この力糸をつけることでナイロンラインがクッションになって
エサを食べる際にお魚に違和感を与えない効果があるのと
フルキャストする際に“タメ”を作れる他に 仕掛けがすっぽ抜けちゃうのを防ぐことができます

力糸のパッケージの読み方は

例えば..【15m×5 3-12号】なら
15mの力糸が5本入りで、一番細い部分が3号でそこからテーパー状に最大12号の太さになる
ということです



投げ釣り用のリール


そのラインを巻くのは当然投げ釣り用のリールです
【投げ釣り】に特化したリールには、ドラグ機構が無く
スプール (ラインが巻いてある部分) もラインが出る際に抵抗にならないように
段差が浅く、そして軽い素材で作られています




投げ釣り用のロッド


投げ釣り用のロッドはリール取り付け部から竿尻までの距離が長いのが特徴
これはロッドを振る際にテコの原理を利用してロッドを【曲げる】ようにキャストするために
必要な長さです

僕が今使っているのは SHIMANOの PRO SURF 425BX-T というモデルです
年式はけっこう古いものですが、基本的設計は最新モデルとさほど変わらず
今でも現役で使っています

今買える最新のモデルはこちら




SHIMANOの型番の読み方は

モデル名の後の「425BX-T」の例でいうと

425がロッドの全長 (425cm)

BXがロッドのパワー : 使えるオモリの標準負荷

 EX → DX → CX → BX → AXの順に硬いロッドになる

 EXで標準負荷25号 AXで標準負荷35号 になります

・そしてBX-Tの -Tの部分の意味は「振り出しタイプ」のロッドということです

DAIWAの場合だともっと簡単で

・モデル名の後のTが「振り出しタイプ」のロッドということ

・25-425はそのまま 標準負荷25号に全長425cmということになりますね


番外編 (上には上がある)


本記事の前半で、ゴッドくんが投げ釣りのことを
「なんかゴルフの世界に似てる」と言っていましたが
本当に道具もピンキリで上を見たらキリが無く
道具へのこだわり的な部分で言ってもやはりゴルフの世界と似ているような気がします

こんな高いの誰が買うんだろう?? なんてロッドやリールもたくさんあります
例えば、僕の好きな釣具メーカーSHIMANOの投げ竿でいうと・・



ゴッドくん
ギョギョ〜〜!!
ビックリのお値段!!


そしてSHIMANOの高級スピニングリールで有名な【ステラ STELLA】
以前、僕が釣具屋さんをウロウロしていた時に巨漢の外国人の団体客が入ってきて
店員に「ステラはないか?」と聞いていたのが衝撃でした

まあ、とにかく僕に買える物じゃないし、明らかにオーバースペックなので
宝くじが当たったら買うことにします 笑



フィンガープロテクターで指を守ろう


細いPEラインを使い全身を使ってフルキャスト!
その時に人差し指にかかる負荷はかなりのものです
ケガ防止のフィンガープロテクターは必需品です

僕はこれの黒を使っていますが、この白いやつがプロっぽくてカッコイイですね!



ロッドを立てる三脚は必需品


砂浜での投げ釣りだとロッドを立てて置く構造物がないので
置き竿で釣る場合、これを忘れると釣りになりません (涙)



まとめ


投げ釣りに必要な道具は以上です
あとは力糸の先端にスナップサルカンを付け、そこにキス釣りやカレイ釣り用の仕掛けとオモリ
そして針に塩イソメを付けて海にフルキャストしましょう!!




広告