スレた鮭に効果的!ウキフカセで鮭を狙おう



こんにちは! ゴッドくんです


秋の激アツ釣りである「サケ釣り」の仕掛けは
基本「ウキルアー 」というサケ釣り専用の仕掛けで狙います

しかしサケ釣りの仕掛けはそれだけではありません

今回解説するのは すっかりスレてしまったサケ達をも振り向かせてしまうという
「ウキフカセ」という仕掛けです





サケ釣りの基本は「ウキルアー 」


海岸からのサケ釣りでは「ウキルアー」という仕掛けが最もポピュラーに使用されています

この仕掛けは海岸からのサケ釣りのために北海道で開発され
毎年アップデートされてきた【THE 北海道】な仕掛けです


サケ釣りの基本タックル
【ウキルアー 】についての記事はこちら


アップデートされてきた、とはいえ 仕掛けの基本設計は昔からほぼ変わらず
最初から完成された仕掛けと言えます


しかしながら釣り場でみんながウキルアーで釣りをしていると
同じような動きの仕掛けにだんだんサケもスレてきます

そんな時にこの「ウキフカセ」で狙うと自分だけ釣果が上がることもあるのです



ゴッドくん
ウホッ♪ マジで??



シンプルな仕掛けで自然なアピール


このウキフカセ仕掛けの1番の特徴はなんと言っても
「シンプル」ということです

シンプルゆえに ごく自然な動きをするので、サケに口を使わせることにつながります

ていうかウキフカセオンリーでも良いくらいです


仕掛けの概要はこちら




ロッドやリール そして使用するラインの太さ等
ウキルアーのタックルと同じでOKです

なので状況に応じてウキルアーとウキフカセを
スナップサルカンで簡単に使い分けることができます



ウキはオモリ内蔵の自立タイプを


ウキフカセ仕掛けのウキは ある程度遠投できるように
オモリ内蔵のものを使います

そしてウキの浮力は水中の仕掛け部分の重さとギリギリのバランスで釣り合っている状態が望ましいです

なぜならこの釣りはウキの動きでアタリを察知するために
浮力が大き過ぎると繊細なアタリがわかりにくく
また 逆に浮力が小さ過ぎると仕掛けとエサの重さで沈んでしまいます

これはサケ釣りに限らず どのウキ釣りにも言えることですね

ウキフカセ仕掛けもセットになったものがあるので 非常に簡単




実釣!!


釣り方は 周りで釣れている人のタナに合わせ
海に投げ入れて ウキの動きを見ます

サケのアタリは小さいので
ウキの動きを良く見つつ 時にはウキルアーのように
ゆっくり巻いて誘ったりします

アタリを感じたら一呼吸置いてからグイッと合わせます
サケは口が硬いので、軽くフッキングした程度ではけっこうな確率でバラします

なので最初にフッキングさせた後 さらに追い合せもしましょう!

仕掛け自体はごくシンプルなので 針につけるエサは
ウキルアー仕掛けよりも大きく長くつけましょう

エサはカツオやイカの切り身に
ニンニクなどをまぶした物が釣具屋さんで購入できます



切り身で売られているので超お手軽!



そしてタコベイト内側のハリスには ガン玉を付けて全体の浮力を調整し
エサが水中で自然と漂う様にセッティングすれば完璧です!



ゴッドくん
釣り場ではみんな仲良く譲り合って
楽しく釣りまくろう!!



北海道 道南の人気サケ釣りスポットはここだ!!







広告

魚釣りの最新記事8件